For Sale

東京五輪をもう一度、渋すぎるけど魅力的

物件名
神宮前2丁目古家付き土地
価格
220,000,000円
面積/バルコニー面積
79.39㎡ + 未登記部分(37.25㎡)
間取
4LDK+屋根裏収納付
所在地
東京都渋谷区神宮前2-12-9MAP
所在階
築年
1950年12月30日
最寄り駅
都営大江戸線 国立競技場駅 徒歩8分
東京メトロ半蔵門線、銀座線 外苑前駅 徒歩10分

国立競技場駅から徒歩8分、外苑通りをず~っと真っ直ぐ行ったところに今回御紹介する物件がございます。

正直、残しても壊しても魅力を感じてしまう古家付土地です。外観はコチラです。

外観

『渋い』その言葉に尽きる歴史的建造物。

昭和25年(1950年)から続いてきたこの建物の歴史も、2020年に開催される東京五輪までに幕を閉じるのか、それとも残るのか・・・。

瀬戸際に立たされております。

なんたってこの建物、戦後5年に建てられ、1度目の東京五輪だって経験している築後67年のベテランですもの。色々な思い出が詰まっていることと思います。

因みに以前はお蕎麦屋さんを営まれており、皆様に愛されていたと伺っております。

そんな1F店舗部分ですが、この雰囲気を大切に、観光に来た外国人の方々に歴史を肌で感じてもらうのも面白いのではないかと思ってしまいますが、かなりのやる気と改修費用が必要なのも確かです。

それでは中を見ていきましょう。

外観は凄くコンパクトなのに、入ってみると実は奥行のある空間が広がっております。

DSC_0042

DSC_0039

DSC_0037

入った瞬間に思い出すのは、淵野辺でリノベーション施工・監修をしたあの建物。

御存知でない方は是非コチラを参照下さい。

クリック←淵野辺施工事例

クリック←施工業者の株式会社cotoさん

床の傾き、ギシギシと軋む・・・どこか同じ匂いがします。懐かしい・・・けど大変。なかなかのオンボロ感です。

DSC_0032

DSC_0031

2階、3階も淵野辺の時と同じで平衡感覚を失います。昭和37年10月に増築したというデータが残っているのですが、どの部分を増築したのかは不詳です。因みに登記簿上は2階建の建物となっております。

DSC_0011

古家1

DSC_0008

古き良きを大切にしたい方、投資用として時期をみている方は期間限定で貸し出したり、個人で経営されるのも面白いかもしれません。

また、更地にして建替えるのも良いかと思います。寧ろ建物に愛着が無ければ其方をおススメします。

立地的には個人の居宅用っていうよりは、投資用ビル、マンションが合っている様な気がしますが、そちらは実際に見て判断して頂ければと思います。

 

 

まずは現地へ一緒に行きましょう!!

御連絡お待ちしております。

レタス不動産

担当:野田、花井

 

現況
古家有(空家)
引渡時期
相談
構造
木造亜鉛メッキ鋼板・瓦葺2階建(現況3階有)
総戸数
1戸戸
土地面積
登記簿 67.33㎡ 、実測値 67.86㎡㎡
権利
所有権
地目
宅地
用途地域
近隣商業地域
建ぺい率
60%%
容積率
300%%
都市計画
市街化区域
接道状況
北側:公道  接道:4.56m  幅員:8.00m
施工会社
不詳
負担金
駐車場
駐輪場
取引態様
媒介
設備
上水道、都市ガス、下水道
備考
現況有姿明渡し予定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この物件について問い合わせる

ご用件
この物件を見学したい直接会って相談したいリノベーションの相談をしたいその他のお問い合わせ
お名前 (必須)
フリガナ (必須)
年齢 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号
お問い合わせ内容の詳細などあればご記入ください

当社の「個人情報の取扱い」(http://retous.jp/privacy/)への同意を頂いた上で送信をお願いします。※必須

同意する