アイキャッチ画像

Kitakasai

「古戸建てをリノベーションして新しい価値を付加したい」という思いから本案件はスタートしました。

「元々の古い構造と、新しい箇所の『層』が重なるイメージ」をリノベーションのメインコンセプトとし、全てを綺麗に変えてしまうのではなく、梁や窓ガラス、壁の合板と合板の間などから昔の名残を見ることができるようにしています。

また今回の物件にメインで使用している合板という素材、普段は壁の中で家を支えている存在ですが、あえて外に出して主役にすることで、新しい可能性を吹き込んでいます。釘打ちなどのDIYが可能な物件ということもあり、合板を表にすることで、完成一歩手前で最後のフィニッシュは住まわれる方に委ねるようなデザインにしています。

外壁や屋根は弊社スタッフが総出で行い、手作業の温かさや遊び心を加えました。水回りは綺麗に仕上げ、使い勝手の良さとリノベーションの面白さの両方を味わえる面白い物件になりました。