アイキャッチ画像

Ichinoe

『小上がり和室のある家をつくってほしい』という依頼のもと、本案件はスタートしました。

古き良き日本の和のイメージ。千利休も羨む物件をつくるべく、プロデュースさせていただきました。日本建築のもつ柔軟さに着目し、小上がりを設けたので、全体は日本建築風にまとめることにしました。こてこての日本建築ではなく、日本建築の形を現代的な建材で表現しようという方針です。

LDKの床は縁に対して土間(石張り風フローリング)、LDKと小上がりの仕切りは簾(ロールスクリーン)。また、土間の仕上げと同じ石張り風フローリングを巾木とし、腰壁にすることで、日本建築の重心の低い空間性を表現しています。このことは表現の他にも汚れやすい下部を保護するためでもあります。

LDKに設えた四畳半の小上がりが、生活をより自由に、より豊かになることを期待してリノベーションしました。